宴の華 小缶

宴の華 小缶

3,240(税込)

数量

  • 宴の華 小缶
  • 宴の華 小缶
  • 宴の華 小缶
  • 宴の華 小缶
  • 宴の華 小缶
  • 宴の華 小缶
  • 宴の華 小缶
  • 宴の華 小缶
  • 宴の華 小缶
  • 宴の華 小缶
  • 宴の華 小缶
  • 宴の華 小缶
  • 宴の華 小缶
  • 宴の華 小缶
  • 宴の華 小缶
  • 宴の華 小缶

蓮根、かぼちゃ、人参、柿、りんご、オクラ、紫芋などの野菜チップス・果物チップス、10種類以上のおかき、おせんべい、豆菓子等こだわりの素材を贅沢に詰め合わせた吹寄せ菓子「宴の華」。
味一筋に打ち込む職人達が生み出した自信作、全21種を贅沢に味わえます。
当店の看板商品で、各界の著名人からご愛顧頂いている商品でございます。目に映る楽しさと美味しさで、一つまみ一つまみ違った味と食感が楽しめます。
「宴の華 小缶」は上品な缶に丁寧にパッケージングしております。お中元、お歳暮、手土産、等の贈答品のお菓子に最適です。

◆繊細なパッケージング
野菜チップス、果物チップスなど形の綺麗なものを選定し、壊れないように一つひとつ丁寧に手作業で詰めております。
見た目も映える華やかなパッケージングはお土産に喜ばれる事間違いなしです。

◆減圧フライ製法
低温かつ少量の油と短い上げ時間に抑えられる減圧フライによって、素材本来の色彩をしっかりと残し旨味を閉じ込めております。
ビタミン、ミネラルなどの栄養素も壊さず保持でき体に優しいお菓子です。
サクサクと食べやすい食感で、おつまみにもなるのでホームパーティーの手みやげににも。

◆こんなシーンに
お中元、お歳暮等の贈答品や、ご挨拶や接待の際の手土産、おもたせにおすすめです。
また、父の日や母の日、敬老の日などご家族へのギフトにも最適。
おしゃれでセンスのいい「宴の華 小缶」は贈り物にぴったりのどなたにも喜ばれるお菓子です。
 

-逸品会プチ情報-

●お供え用お菓子の選び方●

お盆、四十九日や一周忌などの法事で御仏前にお菓子をお供えする機会は多いですよね。
そもそもお供え物は「五供(ごく・ごくう)」と呼ばれる5つの基本からなっています。
「香」「花」「灯燭(とうしょく)」「浄水」「飲食(おんじき)」の5つが五供です。
今回はこの五供の中の一つである「飲食」、その中でも贈り物、持参する品として選ぶことが多い「お菓子」についてマナーや選び方、相場などを詳しくご紹介いたします。
お供え用お菓子を選ぶ際に是非参考にしてみてください。

◆お供えのお菓子のマナー
お供えのお菓子には、ご家族ご親族の方がご準備する場合、法事などで呼ばれた側が持参する場合、どちらの場合でも共通するマナーがあります。
以下の品物はお供えには向かないとされています。

・生菓子、生もの
お供えのお菓子は数日間仏壇に置くことが想定されますので、常温で日持ちするものが適しています。生クリームなどが使われているケーキや練り切りなどの生菓子は避けるようにしましょう。
また、肉や魚なども殺生が連想されるためお供えにはふさわしくないとされています。

・匂いがきついもの
「五供」の中にも「香」が入っていますが、仏様は香りを召し上がるとされています。
そのため、線香を選ぶ際にはできるだけ香り高い線香をお供えする方が多いです。
お線香の香りの邪魔をしない為にも、お供えするお菓子に関しては匂いがきついものは避けたほうが無難です。
ニンニク、カレー風味など匂いの癖が強いお菓子はふさわしくありません。
品物を選ぶ際は匂いがきつい材料が使われていないかを念のため確認しておくと良いでしょう。

◆お供え用お菓子のポイント
以下の品物がお供えに向いているとされます。

・常温保存できるもの
数日仏壇に置いたとしても問題のない常温で保存できるお菓子を選ぶのが良いでしょう。
せんべい、おかき、あられなどは常温で保存できるのでおすすめです。

・日持ちするもの
法事の際はお供え物をすぐに下げてお下がりとしていただく場合も多いですが、普段のお供えではしばらくお供えしたままになる事も多くあります。
お供え後、お下がりをいただこうと思ったら賞味期限が切れていた……などという事のないよう、日持ちがするお菓子を選びましょう。

・詰め合わせのもの
初盆のご家庭、法事の際などは様々な方からたくさんのお供え物をもらう事が多いでしょう。
そんな時、食べ飽きる心配のない詰め合わせのお供え物が喜ばれます。
詰め合わせは見た目も良く、好みがわからない時にも対応できるためおすすめです。

◆金額の相場
お供えする品物が決まった所で、次に悩むのが金額。
どの程度の金額のお供え物がふさわしいのか、と迷う方も多いのではないでしょうか。

法事のお供えのお菓子の相場は、5,000円~10,000円とされています。
毎年行われるお盆などでは、3,000円~5,000円です。
相場からかけ離れた金額の場合、お供えを受け取った側がお返しをする際に困ってしまうので注意しましょう。

逆にお供えのお菓子をいただいた場合は、いただいた物の金額の3分の1から半分が相場と言われています。
お返しの品は、後に残らないもの、消費できるものが良いとされています。
いただいた物の3分の1から半分金額、消費できるもの、というポイントをふまえてお返しを用意すると良いでしょう。

なお、お供え物の金額の相場は故人との関係性や、地域によっても変わりますので柔軟に考えましょう。

◆法事を欠席する場合のお供えもの
法事の案内状をいただいても、仕事や親の介護などどうしても欠席しなければならないこともあるかもしれません。
そのような場合は香典とお供えものを送る手配をしましょう。
お供えのお菓子は、常温保存で日持ちして、あまりかさばらず送りやすいものを選びましょう。
お供えものや香典の中身は出席していた場合と同じ予算で問題ありません。
送るときにはお手紙、メッセージを添えておくとなお良い印象を与えます。

おいしい御進物逸品会では、お盆、四十九日や一周忌などの法事でのお供え物にぴったりの商品を数多く取り揃えております。
無料の紙袋、熨斗、メッセージカードなどのサービスも充実しておりますので、この機会に是非ご利用ください。
【原材料】
もち米(国産)、馬鈴薯澱粉、植物油脂、蚕豆、うるち米、さつま芋、砂糖、カボチャ、ニンジン、オクラ、紫芋、エビ、リンゴ、蓮根、落花生、柿、寒梅粉、醤油、タマネギ、小麦粉、食塩、カニ、あみえび、水飴、あおさ、発酵調味料、梅、魚肉加工品、海苔、しそ、バター醬油シーズニング、黒胡椒シーズニング、唐辛子、黒ゴマ、イカ、小麦醸造調味料、カツオだし、ワサビシーズニング、魚醤、ハチミツ、みりん、梅酢エキスパウダー、梅肉パウダー、澱粉、ホウレン草、魚介エキス調味料、カツオエキス調味料、粉末酢、昆布エキス調味料、酵母エキス、蛋白加水分解物/加工澱粉、調味料(アミノ酸等)、トレハロース、着色料(アナトー、紅麹、アントシアニン、クチナシ、カラメル)、甘味料(ステビア)、酸味料、香料、重曹、膨張剤、乳化剤、(一部に小麦・エビ・カニ・乳成分・落花生を含む)


【内容量】
290g

【アレルゲン】
小麦、落花生、乳、かに、えび

【サイズ】
​縦:24cm×横:17cm×高さ:5cm